バベッドの晩餐会 【那須 テンゲル】

<午前10時の映画祭>

『バベットの晩餐会』

を観て来ました。


ガキンチョ高校生の時にも見たのですが、

今見たほうが断然面白かった。

とても印象に残っている作品だけど、

高校生の頃に見たときには、

あんまり意味が分かってなかったような気がする・・・。



主人公姉妹の父親である神父の信者だった村人達が、

年をとるにつれ気難しくなり、

些細なことでいさかいが起こりがちだったのが

バベットのおいしい料理とおもてなしで

だんだんと心を解きほぐしていく・・・。

(↑内容ほとんど割愛)


自分の仕事で人を幸せにするということ。

そこに喜びがあること。そんなことを感じました。


いろんなフランス料理が出ていましたが、

ウズラの石棺風、食べてみたいな〜



同じく、最近見直して面白かったのが

『バグダット・カフェ』


これは20周年記念のニューディレクダーズカット版が

最寄の映画館フォーラム那須塩原にて

期間限定で上映されたんで見に行ったんです。
(ちょっと前の話ですけど)

これもガキンチョ高校生の頃に見ましたが、

当時、主題歌「コーリング ユー」のメロディーとともに

深い眠りに落ちてしまったような気がする・・・。


この映画のファンの方、多いと思いますけれど、

いい映画です。


両方とも心がほんわかする映画なので

是非見てみてくださいね。

(と気軽に書いてみたもののレンタルDVD、
 ショップによって取り扱いないかも?)


映画館で見られるチャンスがあれば、

映画館で、がオススメです。


「あの世に持っていけるのは、人に与えたものだけ」
 『バベットの晩餐会』で印象に残る台詞

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:1289 最後に更新した日:2013/05/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM