はんごう 【那須 テンゲル】


今日は、お子様達の団体様がご宿泊くださっています。
(いつもご利用ありがとうございます_(_^_)_)

民族衣装を着たり、音楽を聞いたり、

茶臼岳に登ったり、

那須とモンゴルを楽しむ

充実の2泊3日なのですが、

今日はカレー作り&飯ごう&串焼きにて

夕食となりましたよ〜。


串焼きは、子供たちが自分で串に野菜やお肉をさして
こんな風に作るんですよ。
美味しそうでしょう。


そして、今回はこんなものも〜



竹飯ごう(・∀・)


竹の一節を利用して、

といだお米とお水を入れてご飯を炊くんですよ。

そばに寄ると、

竹の良きかほりが。


今回は白ご飯ですが、

たけのこ入れたりしてもおいしいそうです。

うーん、たしかに美味しそうです。



話はちょっとそれるのですが、

8月9日に終了した「日本・モンゴル交換ホームステイ」にて、

日本でのプログラムとして

畑での野菜収穫、竹食器作り、竹とんぼ作り、

収穫した野菜でカレー作りをしたんですね。

全日程が終了して、日本での感想を聞いたとき、

引率の先生も、参加児童も、

竹を使ってモノを作るのがおもしろかった、

と言っていました。

モンゴルの草原で、家畜の毛や皮を使っていろんなものを作るように、

竹という、日本にある素材で何かを作る、ということが

興味深かったようです。


竹って。。。

アウトドアな食事の時には、いろんな風に使って楽しめますね。

節をうまく利用すれば、コップ代わりにもなって、

それで飲むお水(大人だったらお酒?)は

そうやって飲むだけで味わいも変わってきそう。

モンゴルの子ども達の時は、

カレー皿も竹を使用。

一節で切って、半分に割るだけでお皿になるわけですから、

簡単にできて、普通のお皿に盛るのとは

見た目も変わって楽しいし。




さて、この竹飯ごう、

なかなかいい具合に炊けまして、

ふっくらととてもおいしそうでした。

想像するに〜

底のおこげの部分は、

竹の香もほのかに、香ばしかったのではないでしょうか。


みんなでつくったカレーと串焼き。

夏の思い出がまた一つ増えたでしょうね(^^)


【テンゲルご宿泊のご予約・お問合せは・・・】

電話:0287-76-6114
メール:tenger@tenger.jp
お気軽にお問合せください!

★テンゲルHPはこちら

★オンライン予約はこちら

下記旅行サイトからもご利用いただけます
☆じゃらんnetはこちら

☆楽天トラベルはこちら





by Tweet Button







コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:1289 最後に更新した日:2013/05/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM