第9回日本・モンゴル交換ホームステイぁ敍畤棔.謄鵐殴襦

さてさて、続きましてはUくんの牧民体験!


Uくん、子牛を紐につなぐ。

初日から、牛さんたちといろんな観点で、だいぶ仲良く(?)なってたようですね^^;

手際よくつないでました。


牛のちちしぼり。


ステイ先のお母さんの手際の良い乳搾りをじっくり観察。


二人で馬に乗って羊追い。


なかなか様になっております。


やぎのちちしぼり

ゾーゾゾゾゾ、と呼ぶと寄ってくる、という、

二人がかわいがっていたやぎちゃんのうちの一頭です。



男の子がモンゴルに来ましたならば〜、草原でモンゴル相撲!
必須かなー。

見た目も体格も似ている二人ですが、チンギスミャグマルの勝利。まー経験値の違い?



羊の毛刈りも体験させていただきました。
はさみでジョギジョギ。皮を傷つけてしまいそうで、ちょっと怖いのですが、ひっぱらずにやれば大丈夫。
ノミ(shalz)対策にもなるので、毛は必ず刈ったほうがいいそうです。



Hちゃんもでしたが、Uくんも食事のあとはきちんとお片づけ。えらい。


馬のたてがみを切るところを見せていただきました。


水くみのお手伝い。

Uくんは草原で水をどのように手に入れているのか見てみたい、と行く前から言っていました。

こちらのご家庭では、近くの共同井戸に車で水くみに行っていました。

井戸の水はモーターでくみ上げ。Uくん、想像とちがったので少々衝撃だった模様。

住んでいる場所にもよるので、必ずしもこういう井戸を利用している、とも限らないんですけどね。


ごはんをつくるお手伝い。

ホーショールを作りました。手前左手にうつっているのが皮に包むお肉。

今回のは内臓肉です。

少々食べなれないのですが、新鮮だったこともあって、Uくんもしっかり食べることができました!


そしてそして、

毎回、この交換ステイで欠かせないのが

日の出を見に行く、ということ。


チンギスミャグマルくんの家庭では、

近くにある山に登って、

ツァガーンサル(旧正月)にそこから必ず日の出を見るそうです。

山の上からだから、

まさに太陽が昇る瞬間がみられるのだ!

とお父さん談。

それを見ずしてどうする!ということで

張り切って4時半起きで行ってきました。




やっぱり何度見ても感動です。


今年は雨が多くて日の出が見られない日もあったのですが、

こうしてみることができてよかったなー。


Uくん、Hちゃんにとって、草原での体験が今後の成長の糧になりますように。

さて、モンゴルでの牧民体験の次は

ハジッドスレンちゃん、チンギスミャグマルくんが

日本へやってきます。

その様子はまた次回に・・・







コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:1289 最後に更新した日:2013/05/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM